機関紙「新風」平成29年11月号掲載

機関紙「新風」平成29年11月号(249号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

東京都選挙管理委員会告示について

東京都選挙管理委員会告示第百五十八号について
「維新政党新風東京都本部」の届出が東京都公報(定刊16472号4ページ)で公表されてゐますが、その政治団体は「維新政党・新風」とは関係の無い全く別個の団体です。

東京都選挙管理委員会告示第百六十号について
「維新政党・新風東京都本部」の解散が東京都公報(定刊16472号11ページ)で公表されてゐますが、当該組織は再建されるまでの間、所属する党員・党友を含めて本部預かり(党本部直轄)となつてをります。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年10月号掲載

機関紙「新風」平成29年10月号(248号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年7月号掲載

機関紙「新風」平成29年7月号(246号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

維新政党・新風東京都本部について

維新政党・新風東京都本部は
7月13日をもつて
「本部預かり」となつてをります。
お問ひ合はせは下記へお願ひ致します。

維新政党・新風本部事務局
otayori@shimpu.jpn.org
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

党紀委員会による除名処分について

以下の四氏を党則に則り、除名処分としました。

鈴木信行(本部前代表)
荒木紫帆(東京都本部前代表)
金友隆幸(東京都本部幹事)
加藤哲史(東京都本部幹事)

平成29年7月13日
維新政党・新風党紀委員会
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年6月号掲載

機関紙「新風」平成29年6月号(245号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年5月号掲載

機関紙「新風」平成29年5月号(244号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年4月号掲載

機関紙「新風」平成29年4月号(243号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成29年3月号掲載

機関紙「新風」平成29年3月号(242号)を掲載しました。
本部 発信 1113 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

平成28年全国代議員総会・党大会 御報告

11月19日、名古屋市において開催された全国代議員総会・党大会では、第8期代表に魚谷哲央氏が選出され(この党大会での承認以後、代表として職務を始動)、本部も京都への移転が承認されました。

平成29年活動方針案も様々な意見を頂戴しましたので、新本部役員会で修正確定することになりました。

詳細は月刊新風12月号に掲載いたします。

本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

稲沢市議会議員選挙公認決定

平成27年9月13日に告示、同20日に投票の稲沢市議会議員選挙にあたり、
維新政党・新風は、金子吉晴候補予定者を公認いたします。

詳細は地方選挙ブログをご覧ください。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

統一地方選挙の結果

第18回統一地方選挙には、わが党が公認・推薦・支持する8名が挑みましたが、現職1名を含む6名が落選する厳しい結果に終りました。

詳細は地方選挙ブログをご覧ください。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

号外「核なき日本に明日は無し!」

機関紙に号外「核なき日本に明日は無し!」が発行されましたので、政策のページに掲載いたしました。

PDF版もありますので、ダウンロードして御利用ください。
本部 発信 2141 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

統一地方選挙公認・推薦・支持候補者のお知らせ

維新政党・新風(地方本部を含む)は、第18回統一地方選挙に立候補する1名を公認、3名を推薦、4名を支持することを決定しました。

候補者名等については地方選挙ブログでお伝えします。




本部 発信 1300 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

衆議院選挙への対応方針

第47回衆議院議員総選挙は公示日を平成26年12月2日(火)とし、選挙期日を同年12月14日(日)とする日程で行はれますが、維新政党・新風は候補者を擁立せず、比例代表を自主投票とし、選挙区を各地方本部の決定に委ねることと致します。

なほ、地方本部の決定が無い選挙区及び地方本部が未組織である選挙区については、各自の判断に任せることと致します。

また、最高裁判所裁判官国民審査についても、各自の判断に任せることと致します。

平成26年11月30日
維新政党・新風 代表 鈴木信行
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑