わが党に対するインターネット上の破壊活動について(続報)

本件について調査したところ、参議院選挙に合わせて作動するように仕掛けられた時限爆弾とも言うべき複数の改竄がウェブサイトに対して行われていたことが判明しました。
また、この不正アクセスが韓国内の業者の管理下にあるIPアドレス九州内の業者の管理下にあるIPアドレスを使用して行われていたことも判明しました。
改竄箇所の探索や証拠保全を行いながら、復旧を進めております。
有権者の皆様に選挙に関連する重要な情報を提供できないという状況に陥り、多大なご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

熾烈極まる妨害にも屈せず、わが国を破壊する勢力に敢然と立ち向かう維新政党・新風の公認候補を何卒よろしくお願い申し上げます。
本部 発信 2311 | 更新情報 | このページの先頭へ↑