鬱陵島行き断念!

自民党の新藤議員らと拓殖大学下條教授は韓国に入国できなかったが、維新政党・新風代表鈴木信行と村田春樹国民運動委員は入国できた。
今回は特に三人の国会議員にはギリギリまで頑張って頂いた。国会議員として頼もしい限りである。

私たちが韓国に入国できたのはいいが、新藤代議士らとの合流地点に行く前に、下條教授と決めておいた待ち合わせ場所で、他のメンバー二人とも合流した。

そこで迎えの者から、鬱陵島に日本人名でホテルに予約を入れることは不可能であること。
そのホテルも反対派の抗議を受けること。
現在日本人が鬱陵島に行くことは非常に危険であることを聞いた。

また、大使館は民間人の安全を保障できないと言っているだけではなく、旅行会社も同行出来ないとのことでソウルに足止めとなり、手配して頂いたホテルで協議した。

新藤代議士、稲田代議士、佐藤議員が帰国の報を受けて、我々維新政党・新風の二人も口惜しい限りであるが、これ以上関係各位に迷惑をかける訳にはいかない。鬱陵島行きを一日の夜にソウルで断念した。
http://blogs.yahoo.co.jp/ishinsya
本部 発信 0735 | 活動報告 | このページの先頭へ↑