【7.27 東京】勉強会(講師:荒木和博先生)の御案内

北朝鮮をめぐる情勢は日々二転三転、といふよりむしろ七転八倒といふべき様相を呈してゐます。しかし、わが国の主権と国民の生命・人権の重要性を思へば、日本国政府は内外情勢の如何なる変動の中でも、毅然として拉致被害者奪還の決意を示し行動すべきです。この切迫した事態の中、北朝鮮のみならず日本においても、拉致被害者奪還を妨げる闇の勢力と闘つてきた荒木和博先生を講師に迎へ、現状を見据ゑた上で私たちがとるべき道を共に考へる勉強会を下記の通り開催します。

党員・党友でない一般の方の受講も歓迎いたしますので、お時間が許せば、お気軽に参加ください。勉強会閉会後に懇親会(自由参加)を行ふ予定です。


【日  時】 平成30年7月27日(金) 18:30〜20:00 (開場18:00)
【場  所】 東京都文京区春日1−16−21 文京シビックホール 3階会議室
        東京メトロ「後楽園駅」(5番出口)徒歩1分
        都営地下鉄「春日駅」(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
        JR中央・総武線「水道橋駅」徒歩約10分
【課  題】 北朝鮮をめぐる情勢と拉致被害者救出
【講  師】 荒木和博先生(特定失踪者問題調査会代表)
【主  催】 維新政党・新風 東京都本部/千葉県本部
【問合せ先】
 維新政党・新風 東京都本部事務局 E-mail:tokyo_to_hombu@shimpu.jpn.org
 三浦小太郎 E-mail:miura_kotaro@ishin.jpn.org
【受 講 料】 無料
【受講要件】 わが党の方針に御賛同頂ける方であれば、どなたでも受講できます。事前申込は不要です。当日、会場の定員枠内で先着順の受付となります。

ARAKI30.jpeg
講師(荒木和博先生)近影


☞ こちらから勉強会のチラシ(PDF)をダウンロードできます。

本部 発信 1436 | 行事案内 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成30年6月号掲載

機関紙「新風」平成30年6月号(255号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑

【関連情報】国体政治研究会 第七十回例会 講演会のお知らせ


国体政治研究会 第七十回例会

『明治維新から第二維新へ 〜先人の大志・遺訓を読み解く〜』
黒田秀高 氏 (伏見稲荷大社正禰宜、維新政党・新風副代表)

【講師略歴】
黒田秀高 氏(伏見稲荷大社正禰宜、維新政党・新風副代表)
昭和二十二年、東京生れ。昭和四十九年、国学院大学文学部史学科卒業。
昭和五十年、同大学神道学専攻科修了。同年、伏見稲荷大社に奉職し現在に至る。
専門は日本思想史。

【日  時】七月三日(火曜)十八時半〜二十時半
【会  場】文京シビックセンター、5A会議室(五階の会議室A)
       東京都文京区春日一丁目一六の二一
       東京メトロ後楽園駅、都営地下鉄春日駅から徒歩一分
       電話03−5803−1100
       http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
【参 加 費】千円
【出席要件】事前申し込みが必要。申し込みは原則として前日迄に。
        申し込み後に出席不可となつた場合、その旨御一報を。
        万万が一の緊急事態に即時対応するために電話番号(特に携帯の)を
        お知らせ下されたし。
【連 絡 先】中村信一郎(本会代表幹事)
        caq97080@pop11.odn.ne.jp
本部 発信 0000 | 行事案内 | このページの先頭へ↑

機関紙「新風」平成30年5月号掲載

機関紙「新風」平成30年5月号(254号)を掲載しました。
本部 発信 0000 | 活動報告 | このページの先頭へ↑